2020年01月29日

短歌人2020年2月号掲載歌

饅頭のようにふくれた岩船麩その酢の物を食べた祖母宅
由来には北前船とあるけれど庄内麩とは似つかずふくれ
昆布屋が二軒並んでいたはずのなんばウォ−ク一軒になり
冬のため大根を干すベランダに洗濯ネット包む大根
大根に雨粒あたる音がするまだ萎まない大根打たれ
posted by 庭鳥 at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | 短歌人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: